身の丈に合った生活を

必要なときに「家族から10万円借りる」と言うハードルを実に低くしたのがローン会社からの借金ですが、その分、金利と言う別のハードルがまた立ちふさがってきます。元金を払っても金利が返せないとなると複利計算で大変なことになってしまい、10万円をローン会社で借りて、返済プランをしっかりできず、金利返済分で発生した額(ここでは3万円と設定)を家族から借りるという展開になってしまうこともあり得ます。こうなると楽なハードルにして家族から借りるハードルは避けたかったつもりが、ハードルを両方越えないといけなくなってしまう上、仮に金利返済分の3万円を家族から借りられなかった場合の危険性が、最初に10万円借りられなかった場合と大差ないところまで来ているように感じるところに借金の恐ろしさがあります。
借金は良くないという部分の理由の大半は自分の身の丈に合った生活をするべきだという観点と金利による借金額の増加の二つにあるように思います。利息が完全に0パーセントと言う絵空事レベルで考えたとしても借金はする側にいいことと言えるのか?利息がなかった場合、借りたお金を返すという保証がなくなることになってしまうのですが、借金である以上返済は必要なことです。返済遅延のペナルティが金額によらないものとなると大変危険なことしか頭に浮かばないあたり、やはり借金と言うのはどうあっても自分への枷になっているものであることは間違いないように思います。借金は確実に短期間で返せる状況でもない限り、頼りにすべきものではないのだと思います。

千葉で債務整理をするならココ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です