いつもはよく寝れるのに

_0122-yuki-dark

不眠といっても、まったく眠れないわけではなく、それも夜になると眠れなくなるのです。
私の仕事は、昼間の仕事なので朝6時半くらいに起きて7時過ぎには家を出ます。夜も20時前には帰ってきて25時くらいには寝るのが生活リズムです。
小さいころから朝は苦手で、朝一番はどうしても体が眠ろうとしてしまうことはよくありました。
しかし、数年前からは夜になるとなかなか寝付けないことが多く、朝起きても体が疲れたまんまのことが多くなりました。
寝つけないといっても、いろいろあります。
原因がわかっているものとして、単に休みの日などであまり体を動かさなかったり、だらだらしたりしていて体が疲れていないときなどは、目がさえてしまって寝付くまでに時間がかかったり、朝方近くまで寝付けないこともあります。そういうときは、寝付けないといっても次の日起きると疲労感が強いわけではありません。
他にも、疲れていて夕食後、うたたねをしていまい、寝付けないことがあります。このうたたねが、すごくよく眠れてわずか30分くらいなのに、何時間も寝たような気分の時もあります。だからそのあと寝つきが悪くても、それほど次の日に残ることは少ないです。
たまにあるのが、意味もなく寝つきが悪く、体が疲れているのに寝ようとしても目がさえて眠れないのです。これは2~3日続くことが多いです。
こういうときは、体がムズムズするような感じになり、ストレッチをしたり筋肉を動かしたくなります。本を読んだり、テレビをつけたり、とにかくじっとしているのにストレスを感じ、動いていないと落ち着かないのです。
こういう時、小学校のころに先生に聞いた話を思い出します。「眠れないときは焦っても仕方ない。目をつむって横になるだけでも疲れはとれるから、そうしてなさい。そして、楽しいことを考えなさい。」ということです。
これをすると、眠れないことも多いですが、気持ちが少し楽になって1時間でも寝れることがあります。
眠るというのは、体力がいるといいます。特に、体を動かしたりすることが少なくなったので、寝つきが悪く寝ても疲れが取れないという日が増えてきています。
首が痛くて、枕も何個か買って、その日合うものを使うようにしています。目を酷使した日は、目を暖めて疲労回復するようにしています。
それでも、ほんとに眠れない。寝ても疲れがとれない。日中急に、眠気とダルさに立っていられないことも、あります。特に、昼食後30分から1時間くらいすると、ものすごい眠気に襲われます。だから最近は、昼食をあまり食べず血糖値が上がらないように気を付けています。
生物として当たり前の、眠るということがこんなにも苦しく難しいものだと若いころは考えもしませんでした。
今は、うまく付き合うように焦らず受け入れるようにしています。

不眠症の治し方!私はこうして不眠症を解消しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です